2020/02/04

1月のメモ(初詣、初映画など)



タモリ、麿赤児、三上寛、そして坂本龍一(とのセッション)というゲストの豪華さ、その独創的なパフォーマンスとトークの楽しさに「さすが、山下洋輔!」と、唸らされた『山下洋輔トリオ結成50周年記念コンサート 爆裂半世紀!』(1223日・新宿文化センター大ホール)&旧友たちとの忘年会(1229日)で、いい感じに2019年を締めくくり、迎えた202011日……

天気は快晴。昼頃に訪れた息子夫婦と、ほろ酔い気分で「東伏見稲荷神社」へ。

拝殿の前で軽く手を合わせ、家族と友人たちの無事を祈った後、“おみくじ”の長い列に並んだ。

ここ数年、「凶後丙」など、何故か頭に「凶」の字が入るおみくじばかりを引いてしまうという、この神社との相性の悪さは令和になっても不変。またまた微妙な「凶後吉」……その私の「凶運」に引きずられたのか、今年は連れ合いまでもが「凶後末吉」。即、別の神社での“引きなおし“を決めた。

ちなみに、稲荷神の総本社である京都の伏見稲荷大社のおみくじは32番まであり、大吉・中吉などの吉系は21種類、「凶後吉」など凶から吉に転じるものは6種類、「吉凶未分末大吉(よしあし未だ分からず末大吉)」といった“どちらともいえない”系が5種類あるそうで、凶の字が入る確率もけっこう高い…とのこと。(毎年、凶を引いているのは私だけではないはず)

ともあれ、新米スタイリストから売れっ子スタイリストに飛躍中の愚息&AYUKOさんの御籤には、しっかり「吉」の字が躍っていたので、よしとすることに。(息子は、新年早々、ロンドン、南フランス……と、立て続けに海外ロケ。とにかく忙しそうで、喜ばしい限り)
122日、阿佐ヶ谷の「神明宮」にて“引きなおし”成功。ワタシ「大吉」、ツレは「中吉」……その後、駅近くのパスタ&タイ料理店「IVO(イヴォ)」でランチ。「絶望」という名のスパゲティを食べた。実に旨し。

2日は、例年通りのメンバー(ウエちゃん、MIYUKIさん、長野在住のMOTOMI嬢)で新年会。カラオケの調子はイマイチだったが、楽しい一夜だった。(で、私の正月はこの日で終わり。3日、4日は「証明写真機」の仕事……納金に伺ったファミマの店長さんから、「正月早々、ご苦労様です」とねぎらいの言葉あり。「そちら様こそ」なのだが)

続いて「初映画」……正月気分も早めに抜けた今年の第一作目は、ケン・ローチ監督の『家族を想うとき』(製作:イギリス・フランス・ベルギー、2019年。小屋は池袋シネマ・ロサ)

カンヌ国際映画祭の最高賞パルムドールを受賞した『私はダニエル・ブレイク』を最後に、引退を表明したケン・ローチ(83歳)が、現在のイギリスの労働環境を見て引退を撤回。今作を作ったというのだから、その内容は、推して知るべし。
(家族の幸せを掴むために挑戦した仕事のはずが、114時間、週6日の勤務で身体はボロボロ、心はギリギリ。次第に家族との距離も離れていく……という負の渦にハマり、抜け出せなくなった「宅配ドライバー」と、「もとの父に戻ってほしい」と願う家族の物語)

UberAmazonに代表されるギグエコノミー(日雇い経済)企業がもたらした雇用形態の変化によって、「個人事業主」の名のもとに、過酷な労働を強いられ、過度な責任を負わされる「宅配ドライバー」の姿は、明日の日本の労働者たちの姿のようで、「個人事業主」の端くれとしても、他人事とは思えなかった。

そして、年明け2本目は、話題沸騰の韓国映画『パラサイト 半地下の家族』(監督:ポン・ジュノ、2019年。小屋は「ユナイテッドシネマとしまえん」)

早くも「勝手にコトノハ映画賞(2020)」最優秀作品賞決定!かも?の、超絶エンターテインメント大作。(ホント、面白かった! 凄いぜ!ポン・ジュノ。お見事!ソン・ガンホ)
視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚のみならず、第六感をも刺激する圧倒的な132分。まだ観ていない方は、ぜひ!

P.S.
「初・読書」は、同時に2冊。

黙殺 報じられない“無頼系独立候補”たちの戦い』(畠山理仁/集英社文庫)
※選挙に立候補したにも関わらず、メディアから徹底的に無視され、戦う前に敗北を余儀なくされる(いわゆる)泡沫候補たちの孤独な戦いを追ったノンフィクション。個人的に「マック赤坂、マジ“リスペクト”」の一冊。第15回・開高健ノンフィクション賞受賞作。

大きな字で書くこと』(加藤典洋/岩波書店)
※批評家及び文学者として歩んできた彼の人生が凝縮されたような遺稿集。近づく死の気配を感じつつ書かれたような「詩」や、寂寥感に溢れる文章の数々を読みながら、そのフェアな精神、ぶれない信念の源に少しだけ触れられたような気がした。改めて合掌。

 

2020/01/09

“ハンマーを持て。”&2019面白本ベスト10




新年恒例、宝島社のエッジの効いた意見広告が実にイイ。(西武そごうの正月広告「さ、ひっくり返そう」にも感心させられたが)

宝島社の企業広告

こんどの壁は、見えない壁だ。

あれから30年、ベルリンで壁を壊した人類は、

なんのことはない。せっせと新しい壁をつくっている。

貧富の壁、性差の壁、世代の壁…。

見えない分だけ、やっかいな壁たち。

そろそろもう一度、ハンマーを手にする時ではないか。

私たちはまた、時代に試されている。

 

さて、今年の「ブログ始め」。まずは前年同様、2019年に読んで面白かった本をサクッと。(順不動のベスト10

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』(ブレイディみかこ)
※無類の面白さ。国粋主義、排他主義、ヘイト、LGBTへの偏見等、この国にも様々に“バカがつくった壁”が存在しているが、自分の周りから、出来ることから、優しさや寛容さを広めていかなければ…と、気づかせてくれる珠玉のノンフィクション。

9条入門』(加藤典洋)
※敬愛する文芸評論家・加藤典洋氏の遺作。天皇の全責任発言や戦争放棄を巡る経緯、さらに敗戦時に最優先された「国体護持」等々……今後の憲法議論はこの本を無視して成立しないのでは?と思える一冊。「815日に立ち帰れ」という言葉が重く胸に残る。

ベルリンは晴れているか』(深緑野分)
※第二次世界大戦敗戦国のドイツで起きたある殺人事件を少女の視点から描いた秀作。敗者となったドイツ人達の怯えと戸惑いと絶望感が漂う雰囲気&破壊された町を覆う臭気すら感じられるような生々しいミステリー。とても日本人の作家によるオリジナルとは思えない臨場感に圧倒された。

牙~アフリカゾウの「密漁組織」を追って~』(三浦英之)
※元アフリカ特派員の著者がアフリカ南部における象牙マーケットの全貌を描き出し、取引された象牙の行く末と私たちの生活を結びつけた衝撃のノンフィクション。殺されたゾウとテロリスト、そして日本の印鑑文化。それぞれの点が線になってつながっていく。

82年生まれ、キム・ジヨン』(チョ・ナムジュ)
※韓国は今「フェミニズム文学」が“熱い”らしいが、この本も小説というより“男尊女卑社会”の理不尽な実態を鋭く暴いた告発の書といった体。「ジェンダーギャップ指数」が153ヵ国中121位の国に生きる男たちにとっても、決して他人事ではないはず。

感情天皇論』(大塚英志)
※「象徴天皇制とは国民に対する“感情労働”だ」という考えに至った明仁天皇(平成天皇)と、この国で生きる人々とのディスコミュケーションが、公的な天皇を支えているというパラドックス……天皇制は本当に私たち日本人に必要なのか?政治的利用から離れて天皇は存続可能なのか?など、天皇制への思考の入口として読まれるべき一冊。

「反緊縮!」宣言』(松尾匡・編)
※「金がない、と言われたら、誰も何も言い返せない。財政赤字というものが、人を殴る棒のようになった」「負担を共有することの断固たる拒否、他者に対するあからさまな敵意、世界のすべてを勝ちか負けかで判断する態度、こういうものの中心にあるのが、もうこの国には、この世界にはお金がないんです、という強固な信念で、この信念がさまざまなヘイトスピーチや自己責任論を生み出して、全体として緊縮文化とでもいうべきものができあがってしまった」という岸政彦氏のエッセイをはじめ、論者それぞれが今の日本社会の不寛容さに触れており、そうなったのは緊縮政策のせいだという主張が通底している。(というわけで、私も「反緊縮」に賭けてみたいと思うようになった一冊)

ブラックバード』(マイケル・フィーゲル)
※刹那的にテロを起こした殺し屋が、その場にいた8歳の少女を攫い、彼女が18歳になるまでの歳月を共にする物語。その出だしからして、愛も優しさも救いもない、めちゃくちゃな話だが、徐々に非日常的な二人の日常が醸し出す不思議な叙情性に引き込まれ、完読。

父権制の崩壊 あるいは指導者はもう来ない』(橋本治)
※父権制の幻想など、自分の中ではとっくの昔に崩壊しているが、この国を牛耳っている連中は、未だにその幻想にしがみついているようだ。で、読みながら思った。「(日本社会が加速度的に衰退・劣化している)今こそ、橋本治が必要なのに…」と。

国体論 菊と星条旗』(白井聡)
※“発狂した奴隷たち”と題された一節。「結局のところ、(戦後対日支配の要点を、日本人の欧米人に対するコンプレックスとアジア諸民族に対するレイシズムを利用することだと見なしていた)アメリカが戦後日本人に与えた政治的イデオロギーの核心は、自由主義でも民主主義でもなく、「他のアジア人を差別する権利」にほかならなかった」という指摘に、「なるほど」と頷かざるを得なかった。

以上。今年も当ブログをご愛顧のほど、宜しくお願い致します。

2020年が、皆様にとって素晴らしい一年でありますように。