2020/01/09

“ハンマーを持て。”&2019面白本ベスト10




新年恒例、宝島社のエッジの効いた意見広告が実にイイ。(西武そごうの正月広告「さ、ひっくり返そう」にも感心させられたが)

宝島社の企業広告

こんどの壁は、見えない壁だ。

あれから30年、ベルリンで壁を壊した人類は、

なんのことはない。せっせと新しい壁をつくっている。

貧富の壁、性差の壁、世代の壁…。

見えない分だけ、やっかいな壁たち。

そろそろもう一度、ハンマーを手にする時ではないか。

私たちはまた、時代に試されている。

 

さて、今年の「ブログ始め」。まずは前年同様、2019年に読んで面白かった本をサクッと。(順不動のベスト10

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』(ブレイディみかこ)
※無類の面白さ。国粋主義、排他主義、ヘイト、LGBTへの偏見等、この国にも様々に“バカがつくった壁”が存在しているが、自分の周りから、出来ることから、優しさや寛容さを広めていかなければ…と、気づかせてくれる珠玉のノンフィクション。

9条入門』(加藤典洋)
※敬愛する文芸評論家・加藤典洋氏の遺作。天皇の全責任発言や戦争放棄を巡る経緯、さらに敗戦時に最優先された「国体護持」等々……今後の憲法議論はこの本を無視して成立しないのでは?と思える一冊。「815日に立ち帰れ」という言葉が重く胸に残る。

ベルリンは晴れているか』(深緑野分)
※第二次世界大戦敗戦国のドイツで起きたある殺人事件を少女の視点から描いた秀作。敗者となったドイツ人達の怯えと戸惑いと絶望感が漂う雰囲気&破壊された町を覆う臭気すら感じられるような生々しいミステリー。とても日本人の作家によるオリジナルとは思えない臨場感に圧倒された。

牙~アフリカゾウの「密漁組織」を追って~』(三浦英之)
※元アフリカ特派員の著者がアフリカ南部における象牙マーケットの全貌を描き出し、取引された象牙の行く末と私たちの生活を結びつけた衝撃のノンフィクション。殺されたゾウとテロリスト、そして日本の印鑑文化。それぞれの点が線になってつながっていく。

82年生まれ、キム・ジヨン』(チョ・ナムジュ)
※韓国は今「フェミニズム文学」が“熱い”らしいが、この本も小説というより“男尊女卑社会”の理不尽な実態を鋭く暴いた告発の書といった体。「ジェンダーギャップ指数」が153ヵ国中121位の国に生きる男たちにとっても、決して他人事ではないはず。

感情天皇論』(大塚英志)
※「象徴天皇制とは国民に対する“感情労働”だ」という考えに至った明仁天皇(平成天皇)と、この国で生きる人々とのディスコミュケーションが、公的な天皇を支えているというパラドックス……天皇制は本当に私たち日本人に必要なのか?政治的利用から離れて天皇は存続可能なのか?など、天皇制への思考の入口として読まれるべき一冊。

「反緊縮!」宣言』(松尾匡・編)
※「金がない、と言われたら、誰も何も言い返せない。財政赤字というものが、人を殴る棒のようになった」「負担を共有することの断固たる拒否、他者に対するあからさまな敵意、世界のすべてを勝ちか負けかで判断する態度、こういうものの中心にあるのが、もうこの国には、この世界にはお金がないんです、という強固な信念で、この信念がさまざまなヘイトスピーチや自己責任論を生み出して、全体として緊縮文化とでもいうべきものができあがってしまった」という岸政彦氏のエッセイをはじめ、論者それぞれが今の日本社会の不寛容さに触れており、そうなったのは緊縮政策のせいだという主張が通底している。(というわけで、私も「反緊縮」に賭けてみたいと思うようになった一冊)

ブラックバード』(マイケル・フィーゲル)
※刹那的にテロを起こした殺し屋が、その場にいた8歳の少女を攫い、彼女が18歳になるまでの歳月を共にする物語。その出だしからして、愛も優しさも救いもない、めちゃくちゃな話だが、徐々に非日常的な二人の日常が醸し出す不思議な叙情性に引き込まれ、完読。

父権制の崩壊 あるいは指導者はもう来ない』(橋本治)
※父権制の幻想など、自分の中ではとっくの昔に崩壊しているが、この国を牛耳っている連中は、未だにその幻想にしがみついているようだ。で、読みながら思った。「(日本社会が加速度的に衰退・劣化している)今こそ、橋本治が必要なのに…」と。

国体論 菊と星条旗』(白井聡)
※“発狂した奴隷たち”と題された一節。「結局のところ、(戦後対日支配の要点を、日本人の欧米人に対するコンプレックスとアジア諸民族に対するレイシズムを利用することだと見なしていた)アメリカが戦後日本人に与えた政治的イデオロギーの核心は、自由主義でも民主主義でもなく、「他のアジア人を差別する権利」にほかならなかった」という指摘に、「なるほど」と頷かざるを得なかった。

以上。今年も当ブログをご愛顧のほど、宜しくお願い致します。

2020年が、皆様にとって素晴らしい一年でありますように。

 

2019/12/23

勝手にコトノハ映画賞


《外国映画部門》
●最優秀作品賞
ROMA』(監督:アルフォンス・キュアロン/メキシコ・アメリカ、2018年)
※静かに深く心揺さぶる「女と愛と人生の物語」。ラストカットがとても印象的。
タレンタイム ~優しい歌』(監督:ヤスミン・アフマド/マレーシア、2009年)
※様々な言語と文化の衝突と包摂を描いた珠玉の青春群像劇。音楽も素晴らしかった。

●優秀作品賞
誰がための日々』(監督:ウォン・ジョン/香港、2016年)
※「希望は、人の心の中にのみある」ことを実感させられる社会派・香港映画の傑作。
工作 黒金星と呼ばれた男』(監督:ユン・ジョンビン/韓国、2018年)
※ハラハラドキドキからの(まさかの)感涙……熱き男たち必見のポリティカル・サスペンス。やはり、韓国映画は凄い!
ラスト・ムービースター』(監督:アダム・リフキン/アメリカ、2018年)
※バート・レイノルズの遺作となった、笑えて泣けるヒューマン・コメディ。映画愛に満ちた一本。
希望の灯り』(監督:トーマス・ステューバー/ドイツ、2018年)
※舞台は東西ドイツ統一後のライプツィヒ。地元のスーパーマーケットで働く人達のささやかな日常を描いた作品。「資本主義」に置き去りにされた悲しみを抱える人々の日常、その情けと哀しみと優しさがじんわり胸に沁み入った。
台北暮色』(監督:ホワン・シー/台湾、2017年)
※暮れ行く空と続いていく人生……いつまでも観ていたいと思わせてくれる映画。ありのままの台北は様々な色で満ちていた。

その他。スパイク・リーの『ブラック・クランズマン』、イーストウッドの『運び屋』、ドイツ映画『僕たちは希望という名の列車に乗った』、タランティーノの『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』、主演ホアキン・フェニックスの『ジョーカー』、ジャ・ジャンクーの『帰れない二人』、“衝撃と奇跡の実話”『ホテル・ムンバイ』、インド映画『バジュランギおじさんと小さな迷子』、スコセッシの『アイリッシュマン』などなど、2019年は見応えのある作品が多かった。

監督賞
ヤスミン・アフマド(『タレンタイム』、『細い目』)
※素晴らしい作品を遺し、51歳でこの世を去った彼女に敬意と感謝を込めて。

●主演男優賞
ファン・ジョンミン(『工作 黒金星と呼ばれた男』)
※ソン・ガンホと並ぶ韓国の名優。(観る側の)緊張の糸が一瞬たりとも緩むことのないのは、その細やかな演技あればこそ。

●主演女優賞
チャオ・タオ(『帰れない二人』)
※全うされない愛に翻弄されながらも強かに逞しく生きる女……気がつけば、映画そのものの印象より、この人の姿が強く心に残っていた。

●助演男優賞
イン・ソンミン(『工作 黒金星と呼ばれた男』
※ファン・ジョンミンに負けず劣らずの名演技。(ラストシーンには泣かされました)

●助演女優賞
アリエル・ウィンター(『ラスト・ムービースター』)
※パンクな容姿に、ピュアな心。主演バート・レイノルズを反射する鏡として、十分な存在感を放っていた。

●特別賞
『風櫃(フンクイ)の少年』(監督:ホウ・シャオシェン/台湾、1983年)
※終わりを迎える少年期への感傷と、大人になることへの焦燥……昔も今も、台湾は青春映画の宝庫。

●長編ドキュメンタリー映画賞
主戦場』(監督:ミキ・デザキ/アメリカ、2018年)

《邦画部門》
●最優秀作品賞
よこがお』(監督:深田晃司/2019年)
※一時たりとも緊張感が途切れない厚みのあるサスペンス映画。タイトルもドンピシャ。

●優秀作品賞
ひとよ』(監督:白石和彌/2019年)
新聞記者』(監督:藤井道人/2019年)

●監督賞
深田晃司(『よこがお』)

●主演男優賞
松坂桃李(『居眠り磐音』、『新聞記者』)

●主演女優賞
筒井真理子(『よこがお』)

●長編ドキュメンタリー映画賞
『きずあと 101歳 戦争と平和のレクイエム』(製作:東海テレビ、2016年)
『米軍が最も恐れた男 その名はカメジロー』(監督:佐古忠彦、2017年)

P.S.
「師走」とはよく言ったもの。本業(珍しくラジオCMの仕事が入った!)と副業(アクシデント続出)で、めっちゃ忙しい2週間(上旬)を過ごしたと思ったら、その後は体調不良に陥り、お尻の「痛み」と、背中の「痒み」で三日にあげずの医者通い。(体調の方は、ここ3、4日で一気に良くなり、何とか元気に新年を迎えられそう…)
で、その間、4Kテレビの購入(寿命なのか、今のテレビが全く映らなくなった)を契機に、プロバイダーをジェイコムからソフトバンク光に切り替えたり(故に、24日以降、現在のEメールアドレスが使えなくなる)、Windows7のサポートが打ち切られるということでパソコンも買い替える羽目になったり、もう、いろいろ重なって、心身共にてんやわんや。かつてないほど、慌ただしい年の瀬になってしまった。

というわけで、年内のブログの更新はこれがラスト……(の予定)

様々な事情で更新が滞る事の多い一年でしたが、今年も「コトノハ舎ブログ」を読んでいただき、本当にありがとうございました。
来るべき2020年が、皆様にとって素晴らしい一年でありますように。

2019/11/29

11月のメモ②




1111日(月)
「証明写真機」の仕事の引継ぎ研修あり。
西武池袋線の某駅からバスで20分ほどの所に設置されている「写真機」だが、月2回の巡回・集金で3000円程度の請負料(移動費込み)。
この1ヵ所に限れば、自宅からの交通費だけで月1680円(820円×2)、移動時間・往復で約3時間(1.5時間×2)、労働時間1時間20分(40分×2)……という感じで、まったく割に合わない仕事。その駅周辺に私が担当する店が数か所あるので、総計的には何とか帳尻が合うような感じだが、それでも「ここは、いらないなあ…」というのが正直な所。

1113日(水)
「本契約」のため、「証明写真機」本社へ。
終日研修(9時半~18時半)。覚えること、やることが多過ぎて(売上金の管理も含めて課せられる責任も少なくない)、頭も体も疲れる一日。(「この歳で、こんな詰め込み教育を受けるとは…」と、ついグチがこぼれた)
研修を受けながら「これほどの仕事量で、この請負料?…みんな、よく文句も言わずに働いているなあ」と思ったが“乗りかかった船”。本業も暇だし「何事も経験&勉強」と割り切ってやるほかなし。(もちろん、この歳で我慢と無理は禁物。暫くやってみて「どう考えても、間尺に合わないなあ…」と、心から嫌気がさしたら“即、撤退”するつもりで)

で、本契約・研修を終えて改めて思うのは、今の日本の労働環境の厳しさ・セコさ……この「証明写真機」の仕事も「専門職・技術職」とまでは言い切れないものの(若干の技能を伴うルート点検に、集金・納金・伝票及び作業記録票記入等の少し煩わしい事務作業が付随する仕事)、本来なら正規の社員を雇ってもいいような仕事を、労基法から逃れるために「請負契約」という形で高齢者や主婦にやらせているわけで(「請負契約」にした方が人件費の削減も図れるし、労働の流動化も抑えられ、企業側のメリットは大きいのだろう)、広く言えば、そういう企業の在り方こそ現在の日本社会の閉塞感を生みだす一因になっているように思う。
(そんな会社の仕事だが、今のこの国に高齢者が何の不満も不安もなく行える仕事などあるはずもない。私も多くの高齢者と同じ「生きづらさ」を抱える一人であることを自覚しつつ、できるだけ気持ち良く働けるように努めたいと思う。まずは仕事に慣れないと)

1114日(木)
終日、引継ぎ研修(5ヵ所)。

1116日(土)
「沢尻エリカ、合成麻薬MDMA(通称:エクスタシー)所持の疑いで逮捕」……
在日朝鮮人の女子高生役を演じたデビュー作『パッチギ!』(2005年)で、まだ18歳の彼女を観た時から、「この娘はきっと、凄い女優さんになるだろうなあ」と、その可憐な容姿と抜群の演技力、そして気高さ漂う独特の存在感に見惚れ、ファンの一人として息の長い活躍を期待していた私も、只々「残念」というほかなし。本人にとっても日本映画界にとっても、本当にもったいない話だと思う。(薬物依存は「犯罪」と言うより「病気」。今後その病気の治療が、心無いバッシングや誹謗中傷によって妨げられないことを願うばかり)

1120日~25日(水)
「引継ぎ業務」は19日ですべて終了。結局、私が担当する写真機は7か所8台。集金を含めて週2ぐらいのペースで回れそうな感じだが、その分、請負料は低め。聞けば、誰でもスタート時は8台程度で、仕事に慣れるにつれて徐々に増えていくそうだ。(長くやっている人で1820台、平均で1215台程度とのこと……私自身は“台数”より効率性。たまに本業も入るので、今の担当場所から近くて週2~3で回れる台数がベスト。多少の収入増より時間を優先したい)

ということで、“独り立ち”初日を迎えたわけだが、いきなり集金上のトラブル発生。(集金票に表示された売上金額と“金庫”のお金が、何度数え直しても、合わない!)

本部に連絡しても原因が分からず、結局、コールセンターに頼んで投入されたお金が溜まる所の部品を交換してもらうことに……集金額の不足分はとりあえず自分のサイフから出して補填。その旨を管理本部に伝えて機械を離れたが、3040分で終える予定が2時間もかかってしまった。(コールセンターの人に「最初にこういう滅多にないトラブルを経験しておくのも、悪くないと思いますよ」と変な慰められ方をしたが、何とも先行き不安な幕開け)

以降25日まで、写真機内でのトラブル対応や色調整、種々の伝票整理・タブレット入力・ペーパー注文などなど、仕事漬け。(マニュアルや伝票見本、研修時のメモなどを一々確認しながらの作業なので、写真機内でも自宅でも時間がかかるのは致し方なし。慣れてくれば手早くやれるはず)

今日(28日)も巡回に出かけたが、「ペーパー交換」もスムーズにやれたし、引継ぎ時から気になっていた機械の不具合も“パソコンのシャットダウン→再起動”で解消することができた。(慣れれば簡単に出来るようなことに、ちょっとした達成感を覚えるのは“新米”なればこそ)
スタートから一週間が経ち、仕事に慣れるにつれ気持ち的にも少し余裕が出てきた感じ。来週は、映画を観に行く時間もとれそうだ……
あっ!その前に、年賀状を作らなきゃ!!
(今年も友人のY君から制作依頼あり。自分の分も含めて、MIYUKIさんとUEちゃん、写真&デザインよろしく!……まだ、コピーは手つかずだけど)

※明日(30日)は仕事の“自主練”。通常巡回時の作業手順などを“おさらい”すべく、同行研修の際にお世話になった年下の先輩Nさんの仕事に付き合わせてもらうことになった。

P.S.
「桜を見る会(桜事件)」……
政治・行政の私物化、ここに極まれり。と言った感じだが、火中の悪玉・安倍首相や菅官房長官はもとより、「証拠隠滅」を図りながら、その官邸の嘘や詭弁を、子どもじみた言い訳を繰り返して必死に庇おうとする内閣府の役人たちの情けなさも異常の域。
以前は私も、我が身可愛さで(心ならずも?)権力におもねるその姿を「哀れ」と思って見ていたが、「国民全体の奉仕者」という立場を完全に捨て去った今の彼らに「哀れ」を感じることはない。ただ軽蔑するのみ。日本の行政を担うべき集団が、日を追うごとに、無能な人間の集まりにしか見えなくなってしまったのは、私たち国民にとっても不幸なことだと思う。

一方、メディアに目を向ければ、公選法及び政治資金規正法違反の疑いが濃い案件にも関わらず、「(自らではなく)野党が追及」などという書き方で責任逃れのヘタレ記事を垂れ流す新聞(朝日!)や、「沈黙」という形で政権を擁護するテレビ局(最早「共犯」と言っていいかも…NHK!)など、政権同様に、国民がこの問題に飽きるのを待っているかのような体たらく。

で、それらと同様、なんかおかしくない?と思うのは、支出が“予算額の3倍”の「桜を見る会」だけじゃなく、嘘を重ねて招致した五輪やトランプに媚びて買った(買わされた)戦闘機などには湯水のようにカネを注ぎ込むのに、教育・子育て・福祉・年金などの話になると、途端に国は借金だらけで貧乏だから切り詰めろとか、その財源として「消費税(増税)」が必要だ、という話になること……(もう、瀕死の民主主義のみならず、国全体が脳死に近い状態かも?)

 

 

2019/11/18

11月のメモ①

11月2日(土)
先月の『細い目』(監督:ヤスミン・アフマド/2004年製作、マレーシア)に続き、今は亡きヤスミン・アフマド監督の最高傑作と言われる『タレンタイム~優しい歌』(原題「TALEN TIME」)を観に「アップリンク吉祥寺」へ。

上映1時間半前に「アップリンク」到着。チケットとパンフレットを購入した後(何と残り3席!)、
“我が青春の街”吉祥寺をそぞろ歩き……南口徒歩1分、古いビルの地下にある蕎麦屋「ほさか」に入った。
(「ハモニカ横丁」から居酒屋「峠」が消え、紫煙漂う薄暗いジャズ喫茶「FUNKY」は小洒落たバー&キッチンに変身。井の頭公園に降りていく階段の脇にあった珈琲店「もか」の姿も疾うになく、地方都市の商店街のようなホンワカした雰囲気が好きだった駅ビル「ロンロン」は、どこにでもある“おしゃれ”がウリの「アトレ」にかわり、その中にあった品揃いの良い本屋「弘栄堂」もどこかへ行ってしまった。今の吉祥寺に“我が青春”の痕跡なし。50年という長い月日を経て、随分と味気ない街になってしまったなあ…と思う)

で、とろろ蕎麦を食べながら、ちょっとだけパンフレットを覗いてみると、冒頭こんな言葉が……
「私は国境がきらいです。私は人間と人間とを恣意的に分断することがきらいです。私は、ただシンプルにヒューマニティについての映画を作りたいのです。」
「私にとって映画は、人間に、人間であることを思い起こさせてくれる、格好の機会を与えてくれるものなのです。」(Words from Yasmin)

その言葉通り、静かに深く心を揺さぶる映画『タレンタイム』……音楽コンクール(タレンタイム)に挑戦する高校生とその家族を通して、多民族国家マレーシアの日常に潜む「分断と対立」、それに伴う人々の心の葛藤を描きながら、融和と共存の未来に贈る希望の物語として結実させたことに、心からの敬意と感動を覚えた。(まさに、“民族や宗教の壁を軽やかに超えるヤスミン・ワールド”。宝物のような作品を遺してくれたヤスミン・アフマドに深謝!)

11月4日(祝・月)
柳家小三治の「独演会」を聞きに、新富町の「銀座ブロッサム」へ。(内容は前回のブログに記載済)

11月5日(火)
池袋で飲み会あり。会場は西口から徒歩5分の「ino(イノ)」、面子はY君&MARIちゃん、O君、私の4人。
酒席の話題は、政治、映画、仕事、音楽(あいみょん、山下洋輔、寺久保エレナ、井上陽水…)、俄然面白くなってきた『いだてん』(阿部サダヲ、森山未来、仲野大賀、浅野忠信…)など。

で、一番、話が盛り上がったのが、「台風19号の被災地で深刻なボランティア不足」というニュースの件。

まず、自由意思であるボランティアに「不足」という言い方がおかしいし、災害復興において自発的に手伝ってくれる人(無償ボランティア)を当てにしている時点で大間違い。(もし仮に「必要ボランティア数」などという目算を立てている行政があるなら、それはただの怠慢)
要するに、国も県も市も金を出したくないから「タダで働いてくれる人が足りない、もっと増やすにはどうしたらいいか」と言っているだけ(外国人労働者を含め、そんな国で働く人の給料が上がるわけがないし、人々の暮らしが良くなるはずもない)。まさに「ドケチ国家の正体見たり」という感じだが、素直で優しいMARIちゃんは「私にも何かできることはないかしら?…」と心を痛めていたらしく、私とO君の話を聞きながら「そうか……知らなかった。すごくナットク。勉強になる」と気持ちスッキリになった様子。(その間、酒が入って楽しげなO君から「俺たち2ヶ月に1回ペースで会っているのに、ホント話が尽きないね~」との言葉あり。やはり「持つべきものは友」ということ)

2次会は西口公園近くの「ビストロ魚金」でワインとチーズ&ソーセージ。夜10時散会。

11月8日(金)
隣駅の「Tジョイ」で、白石和彌監督の新作『ひとよ』を鑑賞。
期待に違わぬ作品。キャスティングも文句なし。田中裕子、佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、佐々木蔵之介、筒井真理子……みんな良かった。

夜は「誕生日前夜祭」ということで、家人とワイン&ステーキ。

11月9日(金)
67回目の誕生日……
朝、パソコンを開くと、MIYUKIさん&UEちゃんから「HAPPY BIRSDAY」メールあり。
(Thank you so much!)


昼前、息子夫妻から「靴」のプレゼントが届いた。ナイキの「AIR FORCE1」というスニーカー。
スタイリストの息子曰く「不朽の名作」とのこと。(二人に「ありがとう!」)