2019/01/15

年末・年始のあれこれ①




1230日、31
愛猫ジャックが体調を崩し(下痢、嘔吐、食欲減退…まったく餌を食べない)、連日の獣医者通い(解熱、点滴、下痢止めなど注射4本打ち)。原因はよく分からないが、熱も多少あるようで「この寒さのせいでは?」とのこと。この間、節電のため夜は暖房(床暖も含め)を切っており、それが寒さに弱い猫にはいけなかったのかも……と、深く反省。
(部屋の掃除や正月の準備より、とにかくジャックの体調第一。年明け2日頃までに下痢が治まり、食欲が回復しなければ、再度、病院に連れていかなくてはならず、ずっしりと気が重い年の瀬になってしまった)

31日午後は、正月用の食材を仕入れに池袋・東武へ、夜は恒例の「紅白歌合戦」……いつもは“ながら見”で済ませていたが、今回は我が友人O君の息子さんが出場するということで“本気(マジ)見”。その出番が来るのを楽しみに待った。
で、登場したのは12番目。いま話題のシンガーソングライター「あいみょん」のバックでドラムスを叩くYUSHI君の雄姿をしっかり目に焼きつけ、「Oさんソックリ!」「あいみょんの歌もなかなかいいなあ」などと話しながら新潟の銘酒「鶴齢」で乾杯。ツレの知人に頂いた美味しい蕎麦と天ぷらで2018年を〆た。(午前0時過ぎ、前夜同様、床に就いた私の傍にジャックがもぐりこんできた。いつもは一人?自由気侭に寝ているのに、私の寝床に連泊とは…やはり病気の時は猫も心細いようだ)

11
昼過ぎ、息子夫妻来宅。客人が苦手のジャックは、体調が悪いにも関わらず寒い押入れに一目散に駆け込み、そのまま引きこもり。(それを見越して、事前にツレが「(毛布&カイロ入り)段ボールハウス」を作り押入れにセットしており、ジャックは息子たちが帰るまでの数時間、一歩も押入れを出ず「ハウス」でヌクヌク)

息子たちとは、暮れにAYUKOさんのご両親から頂いた高級シャンパンで乾杯。刺身やおせちをつまみながら軽く新年を祝った後、4人で「東伏見稲荷神社」に初詣。神社へのお賽銭は、神社本庁を通じて自民党(及び右翼団体)への献金に使われるというイヤな話も聞こえてくるが、真偽のほどは「神のみぞ知る」こと。賽銭箱に投じた私の50円玉は、決してそんな所に流れないように……と願った後に、引いたおみくじは「凶後丙」。相変わらずこの神社との相性は最悪のようだ。
(ちなみに「二礼二拍手一礼」という参拝の仕方も、神社本庁が決めたもの。明治以前は、みなそれぞれのやり方で自由に拝んでいたとのことで、私も江戸時代以来の自由参拝を継承。周囲の同調圧力などは端から気にせず、いつも通りシンプルに手を合わせた)

夜は、テレ朝『相棒 元日SP ディーバ』…さすが我らが「相棒」、今年も攻めの姿勢は健在。
“お友だち企業優遇”“(内閣人事局を使った)官僚支配”など、安倍政権(及びその嘘や欺瞞を追及しないメディアと怒りを忘れた国民)に対する批判や皮肉を随所に織り交ぜながら楽しませてくれた。

1月2日(火)
終日、家でテレビ三昧。朝早くから昼過ぎまで、2018年に人気を博したドラマ「おっさんずラブ」を“一気観”。(&「義母と娘のブルース」も録画)

タイトル通りオジサン同士の恋愛を描いたラブコメディだが、噂にたがわぬ面白さで、時間が経つのも忘れるほど(笑って、笑って、不意に胸キュン…という感じ)。田中圭、林遣都、吉田鋼太郎、眞島秀和など個性的な俳優たちの繊細かつコミカルな演技と共に、その“ピュアで切なく、楽しく優しい世界”を存分に味あわせてもらった。

夜は、TBSの音楽ライブSHOWMUSICHERO』。個人的にも注目しているアーティスト「あいみょん」と「岡崎体育」のライブに見入った。(あいみょん23歳、岡崎体育29歳。二人とも若いが、60代半ばのおじさんでもハマってしまいそうな魅力あり)

あいみょん「君はロックを聴かない」

あいみょん「マリーゴールド」

岡崎体育 「MUSIC VIDEO

岡崎体育 「龍」

2019/01/09

宝島社の広告&2018面白本ベスト10




広告制作の仕事に携わってきた一人として、年明け最も刺激的で嬉しかったのは、17日(月)の朝刊に掲載された宝島社の全30段〈見開き〉の意見広告に出会えたこと。その気合いのこもったコピーのキレ味に、思わず「やるなあ~」と唸ってしまった。(宝島社の新聞広告は常に注目しているが、今回は特に絶品!)

http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/0/2/02394_1591_67958bed4979a0499e84816201199f65.jpg

「イラクが油田の油を海に流した」その証拠とされ、湾岸戦争本格化のきっかけとなった一枚の写真。しかしその真偽はいまだ定かではない。ポーランド侵攻もトンキン湾事件も、嘘から始まったと言われている。陰謀も隠蔽も暗殺も、つまりは、嘘。そして今、多くの指導者たちが平然と嘘をついている。この負の連鎖はきっと私たちをとんでもない場所へ連れてゆく。今、人類が戦うべき相手は、原発よりウイルスより温暖化より、嘘である。嘘に慣れるな、嘘を止めろ、今年、嘘をやっつけろ。

……さて、「ヨシッ!」とコチラも気合いが入ったところで、今年の「ブログ始め」。まずは、去年、読んで面白かった本をサクッと紹介。(順不動のベスト10

「13・67」(陳浩基)
※香港発・超弩級の社会派ミステリー。アジアにこれほど読ませる(&楽しませてくれる)作家がいたのか!という驚き&喜び。

「宝島」(真藤順丈)
※戦後の沖縄を舞台にした青春と革命の一大叙事詩。沖縄の人々の怒りと悲しみと明るさの意         味を知らない我ら「ナイチャー」必読の一冊!

「ぼくがきみを殺すまで」(あさのあつこ)
※知らぬ間に国が2つに割れ、戦場に駆り出された少年たちの絶望と希望……架空の世界の話      だが、読むほどに胸が熱く、痛くなるのは何故?

「どんなことが起こっても これだけは本当だ、ということ。」(加藤典洋)
※「紋切り型の“正しさ”を内側から覆す、新しい思考の流儀」とは?…目からウロコの超薄本。

「お釈迦さま以外はみんなバカ」(高橋源一郎)
5分おきに笑いの波が押し寄せる面白本。さすが源一郎さん、笑いのツボも心得ていらっしゃ る。

「日報隠蔽」(布施祐仁/三浦英之)
※一気読み必至。「南スーダン日報問題」の内実に迫った2人の優れたジャーナリストに拍手& 感謝。

「上を向いてアルコール」(小田嶋隆)
※「気づいたらアル中になっていた」作者が、その20年に及ぶ治療について語ったタメになる告 白本。(深刻な話のはずだが、楽しく読めるのはその“コラムニスト魂”の為せる業)

「アルファベット・ハウス」(ユッシ・エーズラ・オールスマン)
※北欧の人気作家による戦争と友情と愛憎の物語。ハラハラドキドキからのどんでん返し、から の涙、涙…。

「広告が憲法を殺す日」(本間龍)
※現行の「国民投票法」のままでは、電通と自民党の最凶タッグが圧倒的に有利……という
 “イヤ~な”話。

「はじめての沖縄」(岸政彦)
※「沖縄」について語りうる言葉を探し続ける著者の“個人的かつ普遍的な、終わりなき旅”。写真     もイイ。

以上。

本年も、皆さまにとって良い一年でありますように。
当ブログも、変わらずご愛顧のほど、宜しくお願いいたします)

2018/12/31

勝手にコトノハ映画賞(2018)




《外国映画部門》
●最優秀作品賞
ボヘミアン・ラプソディ』(監督:ブライアン・シンガー/アメリカ2018年)
※鳥肌モノのラスト。クイーン(&フレディ・マーキュリー)を侮っていた自分に「喝っ」!
●優秀作品賞
判決、ふたつの希望』(監督:ジアド・ドゥエイリ/レバノン=フランス、2017年)
※「希望」は、互いが受けた心の傷を思い知ることから。
1987ある闘いの真実』(監督:チャン・ジュナン/韓国、2017
※軍事政権下、全土を巻き込んだ韓国民主化闘争の内実を描いた社会派ムービー……怒りと悲しみを圧倒的なパワーに変えて民主化を実現した人々に胸が熱くなる一本。(さて、怒りを忘れた人々に、死に瀕した民主主義を救う力はありやなしや)
ラッキー』(監督:ジョン・キャロル・リンチ/アメリカ、2017年)
※名優ハリー・ディーン・スタントンへの愛情あふれる一本。静かなラストが心地よい。
花咲くころ』(監督:ナナ・エクフティミシュビリ&ジモン・グロス/ジョージア=フランス=ドイツ、2013年)
※戦間期のジョージアの首都トビリシを舞台に、荒んだ社会の中で思春期を迎えた少女たちのひと夏の物語……切なく、力強く、美しい、ジョージア映画との出会い。(驟雨の中を駆け抜けるエカとナティアの姿が眩しかった)

●監督賞
ジアド・ドゥエイリ(『判決、ふたつの希望』)

●主演男優賞
ラミ・マレック(『ボヘミアン・ラプソディ』)
※フレディの魂が乗り移ったような圧倒的なパフォーマンス!
ハリー・ディーン・スタントン(『ラッキー』)
※美学と意地を貫いた名優の人生に敬意を込めて。

●主演女優賞
リカ・バブルアニ(『花咲くころ』)
※祝宴の席で踊るダンスの気高さ。そしてラストの眼差しに宿るジョージアの未来に。

●助演男優賞
ハ・ジョンウ(『1987、ある闘いの真実』)
※学生の死(拷問致死)を隠蔽しようとする警察に対峙する検事を演じた韓流スター。(大鶴義丹に似ている?)

●助演女優賞
ヴィッキー・クリープス(『マルクス・エンゲルス』)
マルクスと同志的な絆で結ばれた妻イエニーを演じたルクセンブルグ出身の女優さん。

●特別賞
ラスト・ワルツ』(監督:マーティン・スコセッシ/アメリカ、1978年)
※「アイ・シャル・ビー・リリースト」……何度観ても、何度聴いても、心に沁みる。
まぼろしの市街戦』(監督:フィリップ・ド・ブロカ/フランス、1967
※本当に狂っているのは誰なのか?戦争の不条理を笑いのめす伝説の反戦コメディ。

●長編ドキュメンタリー映画賞
いろとりどりの親子』(監督:レイチェル・ドレッツィン/アメリカ、2018
※生まれて、生きて、死ぬ……人生における悲しみと喜びはみな同じ。身内に障害者もゲイもいなくても、私たち自身が「多様性」の中にいる一人であることを感じさせてくれるドキュメンタリー。
共犯者たち』(監督:チェ・スンホ/韓国、2017年)
イ・ミョンバク(李明博)とパク・クネ(朴槿恵)政権の約9年間にわたる言論弾圧の実態を告発したドキュメンタリー。報道の自由のために闘ったジャーナリストたち、そして彼らを応援する多くの国民……そんなまっとうな社会の姿を期待出来ない、今の日本が情けない。

《邦画部門》
●最優秀作品賞 
孤狼の血』(監督:白石和彌)
※「アウトレイジに対する東映の答え」(by古館伊知郎)という宣伝文句どおり、日本ノワール復興への思いが滾る一本。(もちろん、「仁義なき戦い」とは比較にならないが)

●優秀作品賞
菊とギロチン』(監督:瀬々敬之)
※今年一番!と言っていいほど“熱い”日本映画。
万引き家族』(監督:是枝裕和)
※カンヌのパルムドール受賞作。揺るぎなき是枝クオリティ。
止められるか、俺たちを』(監督:白石和彌)
※これも、熱い!70年代の「若松プロ」に集まった若者たちの青春グラフィティ。

●監督賞
白石和彌(『孤狼の血』『止められるか、俺たちを』)


●主演男優賞
役所広司(『孤狼の血』)
※脂っこいほどのギラギラ感をスクリーン狭しと発散する熱演に

●主演女優賞
安藤サクラ(『万引き家族』)
※上手すぎて、凄すぎて、何も言うことなし。「百円の恋」が最高だけど。
内田慈(『ピンカートンに会いにいく』)
※イタさと、悲哀と、たくましさ……毒舌たっぷり、貫録の熱演に拍手。

●助演男優賞
松坂桃李(『孤狼の血』)
※主演の役所広司をも凌ぐ存在感。その熱量の凄まじさに。
井浦新(『止められるか、俺たちを』)
※亡き若松孝二の無頼と優しさを見事に体現した演技の力に。

●助演女優賞
優香(『羊の木』)
※こういう役が出来るんだ!という驚き。女優としての武器を身に着けたかのような熱演。

●長編ドキュメンタリー映画賞
『国家主義への誘惑』